空間デザイナー資格情報まとめ

店内の空間デザインに必須な基礎知識

空間デザインとは

建物や内装、レイアウト、都市設計など色々なことに使用されます。

 

すべて空間デザインと関係がある

私たちが住んでいる家の設計や、お店のレイアウト、住んでいる町の設計などすべて空間デザインと関係があるのです。

 

空間ディスプレイデザイナー

室内や室外を問わず空間をデザインする仕事をする人のことを言います。

 

 

 

空間デザインという言葉を聞いたことがあるでしょうか?空間デザインとは、建物や内装、レイアウト、都市設計など色々なことに使用されます。私たちが住んでいる家の設計や、お店のレイアウト、住んでいる町の設計などすべて空間デザインと関係があるのです。

 

良い空間デザインが施されたお店は人を引き付ける力があります。そうしたお店に待ち合わせに利用したくなったり、足が向くものです。お店の設計をする時にこだわるポイントとして、内装や外装のデザインが挙げられますが、お店に来てくれるお客様に快適に買い物や食事などをしてもらえる空間、つまり空間デザインが大切なのです。

 

そして、空間ディスプレイデザイナーは、室内や室外を問わず空間をデザインする仕事をする人のことを言います。空間ディスプレイデザイナーは、人がリラックスしたり、テンションを上げたり、落ち着くかなど、目的に合わせて空間のデザインを設計するのが仕事になり、インテリアコーディネーターと比較すると扱う仕事の種類が幅広いのです。

 

そして、インテリアデザインや彫刻との関連が強いと言えます。例えば、室内や屋外のイベントブースなどを手掛けたり、空間に美術品を設置するディスプレイをしたり、デパートやレストランと言ったインテリア・演出などの活動など色々します。

 

室内や室外を問わず仕事が舞い込みますので、独創性を求められる仕事案件も多いです。家具や装飾品なども自分で作ることもあるので、設計やプロダクトの知識がないと難しい職業なのです。

 

そして、お店では空間デザインにおいてレイアウト一つで動線が変わってくるので、その店の売り上げを左右したり、人件費・工事費用も変わってくるのでとても重要なものになります。

 

そして、居心地の良い空間づくりには、椅子やテーブルの高さなど、動作するのに必要な寸法関係などを動作空間モジュール検証して、設計することが大切なポイントになるのです。

 

また、お店の居心地の良い空間を作るには、素材の良さも大切です。それによって空間の持つ質感が変わり、居心地の良さを増し加えることができるのです。お店の限られた予算の中でコントロールしていきながら、お客様がこの店にまた来たいと思わせるような力にもなるのです。

 

また、個人経営の店で素敵なお店には、ライティングが上手なお店が多くあります。ライティングは、工夫次第で低予算でも高い効果を上げることができます。このように、光も空間デザインにおいて大切なポイントになるのです。

 

店舗の空間デザインが必要なのはなぜ?

店舗の空間デザインが必要

新しいお店が次々と出店している中で、長くお客様に来てもらえるようにするには、他の店との差別化が必要だからです。

 

店舗設計の時に大切なのが動線

動線計画を立てる時には、作業動線を短くして、客動線を長くするのです。

 

人の流れをデザインする

商品の接触回数を増やして人の流れを作ることにより、お客様が商品を購入する可能性が高くなるように設計するのです。

 

 

店舗の空間デザインが必要なのはなぜなのでしょうか?それは、新しいお店が次々と出店している中で、長くお客様に来てもらえるようにするには、他の店との差別化が必要だからです。

 

お店作りは、オープンしたらそれで終わりではなく、その後もたくさんのお客様に来て頂き、リピートしてもらえることによって売り上げをアップさせなければなりません。

 

そして、お客様に声やショップ店員からの意見を聞いて店舗をさらに良くしていく必要があるのです。まず、店舗設計の時に大切なのが動線です。動線計画を立てる時には、作業動線を短くして、客動線を長くするのです。

 

きちんと動線計画を立てることにより、お客様が居心地の良い空間作りが完成します。そして、動作空間も考えます。動作空間というのは、人が動くのに必要な空間のことです。

 

もし、人が動くのに必要なスペースがないと動作が妨げられて居心地が悪くなります。ですから、さらに居心地が良い空間づくりをするには、インテリアの高さ等も気を付けながら設計をしていくのです。どんなお店でもお客様が来店するなら店内には人の流れというものができます。

 

動線を設計することによって人の流れをデザインすることができるというわけです。お客様がお店に滞在する時間が短いよりも、長いほうが商品の購入の可能性が高いように、お店の滞在時間は商品との接触回数が同じくらいということになるのです。

 

商品の接触回数を増やして人の流れを作ることにより、お客様が商品を購入する可能性が高くなるように設計するのです。

 

このように、人の流れを意図的に作ることができるようになれば、お客様が商品を購入する機会も増えていくことになるのです。動線にも色々な種類と役割があります。お客様動線・作業動線があります。

 

まず、お客様動線ですが、お客様が店内を見て回る過程で歩き回る軌跡のことです。このお客様動線をなるべく長くします。そうすることによってお店の滞在時間が長くなり、購買機会となる効果があります。

 

そして、作業動線はショップ店員が動く流れのことを言いますが、効果的な作業動線にすることで、ショップ店員の作業の効率化を図れるのです。作業動線は短くして、でも短すぎないように設計します。

 

作業卸のパターンを網羅していきバランスのとれた動線設計をしていくと良いでしょう。

 

雰囲気の悪い空間に客は集まらない

お店の雰囲気作りは、お客様にお店に入ってきてもらったり、お店にリピートしてもらうのに大切なものです。

 

お店の雰囲気作りが良ければ、お客様の滞在時間が伸びますし、お客様の目を引き付けて注目してもらえます。また、お店でリラックスしてもらえますし、他の店とはちょっと違うと思ってもらえます。

 

若い人をターゲットにしたお店であれば、若い人が気分を高揚させる空間演出が大切になりますし、中年の富裕層をターゲットにしたお店であれば、落ち着きのあるデザインのある空間演出が大切になります。

 

しかし、お店の雰囲気が悪い空間を作っていると、若い人であれ中年の富裕層であれ、お客様は集まってくれません。なぜなら、雰囲気の悪い空間は、お客様にとって居心地が悪い空間になるからです。

 

近年、給料が上がらないのに物価が高くなるなどして、高額出費が必要な時のためにお金を蓄える傾向が強くなっています。そのため、普段の生活において倹約志向が強くなり、無駄なものには出費しない消費スタイルの人が増えてきています。

 

ですから、何らかの方法でお客様に無駄なものという感情を軽減したり、払拭したりする感情を持たせる必要があるのです。そうすることによって、消費拡大につながり、お店にまた来てもらうことができます。

 

ですから、ただでさえお店に来てお客様に消費してもらうために大変な努力が必要なのに、お客様に一度、自分の店が居心地が悪い店とインプットされると、何も買ってもらえませんし、再度お客様にお店に来てもらうのは難しくなります。ですから、お客様を集めたいのであれば、お店の雰囲気の良い空間づくりはとても大切なのです。

 

お店のデザイン装飾は、お店のムードや、お客様の居心地の良さにかなり影響を与えます。

 

デザインに力を入れすぎると工事費用が高くなるかもしれませんが、デザインに力を入れないとお客様にリピートしてもらうのは難しいでしょう。また、客席やカウンター、厨房の配置などは運営上の効率性に大きく関わってくるのです。

 

ですから、雰囲気の良いお店作りに力を入れるのは決して無駄ではないのです。

 

全てのショップに共通する必須スキル

通常、飲食店などの開業や運営の知識、スキルがないとお店の開業は難しいですし、開業できても困難を伴います。

 

開業後の1年でたくさんのお店が消えていく現実なので、きちんとした備えを持っておきたいものです。

 

すべてのショップに共通する必須スキルにはどんなものがあるのでしょうか?お店にはそれぞれのブランドイメージがありますが、ショップ店員の接客がお店の評判に直結するものです。ですから、接客のスキルは大切です。

 

接客中の声のトーンや大きさというのは状況によって変えていく必要がありますが、お客様への声掛けは、明るい声を心がけます。そして、シックな大人向けの商品のお店なのに、子どものような話し方をするなら商品のイメージが損なわれてしまいますので、ブランドイメージに合わせた話し方も大切になります。

 

そして、収容人数が30人以上の店舗の場合は、防火管理者の資格を持っている人を置く必要があります。取得する際は、各地の消防署などにおいて講習会をしています。

 

そして、ショップ店員であれば、外国人に遭遇することがあります。ですから、語学力というスキルも大切です。どんなお店で働くとしても語学力があれば重宝します。また、海外で事業展開する時にも活躍の場を広げることができます。

 

また、飲食店に関するサービスのスペシャリストとしては、お客様を満足させることができるかの国家試験があります。それはレストランサービス技能士です。この資格を取得することによって、質の良いサービスを提供できますし、お客様に対するサービスも向上するので売り上げアップに繋がっていきます。

 

また、人気のある資格にはフードコーディネーターがあります。フードコーディネーターは、食に関するトータルプロデュースをする資格になり、料理をキレイに盛り付けたり、コンサルティング業務もすることもできます。

 

また、飲食店には食品衛生責任者の資格がある人を置かなければなりませんので、飲食店のショップ店員であれば取得したほうが良いでしょう。

 

今まで見てきたような資格を取得してスキルアップを目指してはいかがでしょうか?

 

お店の雰囲気作りは、お客様にお店に入ってきてもらったり、お店にリピートしてもらうのに大切なものです。

要点を紹介するキャラクター

 

現場店舗で使える空間系おすすめ資格

現場店舗で使える空間系資格に挑戦することはオススメです。では、空間系資格でイチオシの資格を見ていきましょう。

画像名を入力

空間ディスプレイデザイナーの特徴

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する民間資格です。この資格は2級〜1級まであって誰でも受験することができます。まず、2級は、空間演出の基礎である色、照明などによる演出に関する知識が問題に出題します。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
空間ディスプレイデザイナーの総評
  • 色彩・照明・配置・演出の4 つの視点から学習
  • 魅力的な空間を演出する技術
  • デザインやアパレル・インテリア業界で活躍したい方
公式サイトへ
第一位:空間ディスプレイデザイナー

第一位は、「空間ディスプレイデザイナー」の資格です。(https://www.designshikaku.net/test/kukan/)日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する民間資格です。

 

この資格は2級〜1級まであって誰でも受験することができます。まず、2級は、空間演出の基礎である色、照明などによる演出に関する知識が問題に出題します。

 

1級は、さらにディスプレイや売り場演出の知識が実務レベルにあるかが問われる試験です。

 

他にも、「空間プランナー」の資格がありますが、空間プランナーの資格は住環境のコンサルティングやインテリア、室内環境等の基礎知識や専門知識があるかが問われる試験です。しかし、この資格を取得するには、資格を発行している協会が定めている全カリキュラムを60%以上の得点以上で終了した人に限られます。

 

そして、「TALK食空間コーディネーター」の資格もありますが、この資格は3級、2級とあります。3級は、今までこの分野において未経験者であっても挑戦できます。2級は、3級の資格を取得してから受験でき、筆記試験と実技審査があります。資格は、日本の食卓と食空間を快適にし、暮らしを豊かにすることが目的です。

 

一番オススメなのは「空間ディスプレイデザイナー」

一番オススメなのは「空間ディスプレイデザイナー」
空間ディスプレイデザイナーとしての知識
デザイン系やアパレル系など色々な分野で役立つ

店舗では、空間全体の演出ができる資格がある人は、資格があることによってお客様からの信頼を得ることができますので、資格を取ることは大切ですが、その中でも一番オススメなのは、「空間ディスプレイデザイナー」の資格です。日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する民間資格ですが、2級〜1級まであり受験資格は特にありませんので誰でも受験することができます。

 

空間ディスプレイデザインは、陳列の知識や技術、色彩演出、照明技術など色々な技能が必要とされます。そして、空間ディスプレイデザイナーとしての知識や技術レベルの社会的な証明を目的とする認定試験なのです。空間ディスプレイデザイナーの資格を取得した後は、自宅やカルチャースクールといったところで講師活動ができます。

 

まず、2級は、空間演出の基礎である色、照明などによる演出に関する知識が問題に出題します。1級は、さらにディスプレイや売り場演出の知識が実務レベルにあるかが問われる試験です。空間演出に関わる仕事をしている人や、これからする人は取っておきたい資格で、アパレル関係の仕事をしている人などから最近資格を取得することが増えて人気が出てきています。

 

比較的取得しやすい人気のある資格ですし、この「空間ディスプレイデザイナー」の1級を取っておくならば、デザイン系やアパレル系など色々な分野で役立ちます。また、「空間ディスプレイデザイナー」の資格は1級と2級がありますが、この資格は通信教育などを利用します。コースの最終試験に合格して卒業が認められると、卒業と同時に資格が認定されるのです。

 

空間ディスプレイデザイナーの試験は、講座から送付される試験問題に自分の家で解いていく在宅受験もできます。ということは、参考書などを参照しながら自宅で落ち着いて問題を解いていくことができるのです。

 

試験は、講座で学ぶカリキュラムの内容を理解していれば合格できますし、約70%以上の評価が基準になっています。

 

受験料は1級・2級共に消費税込みで10,000円です。受験申請は、インターネットからの申し込みになり、この機会に自分のスキルアップに資格を取得すると良いでしょう。

 

空間デザイン資格はこちら

 

まとめ

お店の設計をする時にこだわるポイントとして、内装や外装のデザインだけでなく、お店に来てくれるお客様に快適に買い物や食事などをしてもらえる空間、つまり空間デザインが大切であることを理解していただいたと思います。

 

そして、空間ディスプレイデザイナーは、人がリラックスしたり、テンションを上げあたり、落ち着くかなど、目的に合わせて空間のデザインを設計するのが仕事になり、インテリアコーディネーターと比較すると扱う仕事の種類が幅広いのです。

 

お店では空間デザインにおいてレイアウト一つで動線が変わってくるので、その店の売り上げを左右したり、人件費・工事費用も変わってくるのでとても重要なものになります。

 

そして、居心地の良い空間づくりには、椅子やテーブルの高さなど、動作するのに必要な寸法関係などを動作空間モジュール検証して、設計することが大切なポイントになります。

 

このような店内の空間デザインが必要なのは、新しいお店が次々と出店している中で、長くお客様に来てもらえるようにするには、他の店との差別化が必要だからです。リピートしてもらえることによって売り上げをアップさせなければなりません。

 

お客様動線をなるべく長くすることによってお店の滞在時間が長くなり、購買機会となる効果があります。また、効果的な作業動線にすることで、ショップ店員の作業の効率化を図れるのです。

 

お店の雰囲気作りは、お客様にお店に入ってきてもらったり、お店にリピートしてもらうのに大切なものです。しかし、雰囲気の悪い空間は、お客様にとって居心地が悪い空間になるので、雰囲気の良いお店作りに力を入れます。

 

お店のショップ店員の接客がお店の評判に直結するものですから、接客のスキルは大切です。そして、どんなお店で働くとしても語学力があれば重宝します。資格を取得する中でも一番オススメなのは、「空間ディスプレイデザイナー」の資格です。

 

「空間ディスプレイデザイナー」の資格は1級と2級がありますが、この資格は通信教育などを利用します。コースの最終試験に合格して卒業が認められると、卒業と同時に資格が認定されるのです。空間ディスプレイデザイナーの試験は、講座から送付される試験問題に自分の家で解いていく在宅受験もできます。

 

お店にとって商品の陳列、配置は、売り上げに大きく関わってきます。ですから、空間ディスプレイデザイナーは大事な役割を果たしてきます。

 

ぜひ、空間ディスプレイデザイナーの資格を取得して自分のスキルアップを目指していくのはいかがでしょうか?

更新履歴